ちょっと食べて帰りたい。with kids!

♡子どもと一緒にちょっと食べてちょっと遊べるスポット紹介♡




テーマパーク

妊娠中でも安心してディズニーを楽しめる♡【ゲストアシスタントカードとは?】

更新日:

秋ですね。

ハロウィンも間近に迫る中、妹と一緒に先日ディズニーランドに行ってきました。

(ディズニーは著作権が厳しいと聞くのでぬいぐるみはキラキラにしています💦)

妹は妊娠中で、ジェットコースター系にはもちろん乗れないし、立ちっぱなしで並ぶのはちょっと心配・・と思っていたのですが、

今はこんな便利なものがあるんですね!

いや、以前からあって、私が知らなかっただけでしょうかね。

その名も、

ゲストアシスタントカード。

これがあれば、アトラクションに乗るまでの待ち時間を並ばずに過ごすことができるかもしれない、というカードです。(保障はありません)

また、アトラクションによっては待ち時間が若干ですが短縮される可能性もあるようです。

私は妊婦の時もこれの存在を知らず、普通に並んでました!

このカードの存在を知らない方のために、今回の記事を書きました。

これで妊婦さんでも心置きなくディズニーランドを楽しめますね♡

ゲストアシスタントカードの受け取り方

妊婦さんや病気障がいをお持ちの方は、

入場門近くのメインストリート・ハウスか、

各アトラクション

ゲストリレーション、

ベビーカー&車イス・レンタルのキャストに、

本人とグループの方全員のパークチケットを提示することで 

ゲストアシスタントカードを受け取ることができるそうです。

 

ゲストアシスタントカードの事前予約も可能で、予約してある場合は入園者全員のパスポートを持って、代表の人が受け取り可能

 

私たちはメインストリートハウスで受け取ったのですが、結構並んでいて15分くらいかかってしまいました。朝の貴重な時間が無駄になってしまうので、受け取りは各アトラクションでお願いした方が良さそう。

 

ゲストアシスタントカードの使い方

ゲストアシスタンスカードを乗りたいアトラクション付近にいるキャストに提示すると、

アトラクション名・受付キャスト名・利用時間を記載してもらえます。

人によってアシスタンス内容が違うのかもしれませんが、

今回うちの妊婦の場合は、

「待ち時間経過後専用入口よりご案内」

と記載されていました。

つまり、ここに書いてもらった利用時間までは並ばずにベンチに座って休むなどしていても良いということ。

使用上の注意は?

なお、待ち時間は列に並んでいる時間とみなされ、そのあいだ、他のアトラクションは利用できないという約束になっています。

ちなみに、ゲストアシスタントカードとファストパスの併用は可能。

待ち時間は短くしてもらえるの?

ゲストアシスタンスカードは待ち時間軽減を目的としたツールではありません、と、公式ページには書いてありますが、

アトラクションによっては結果的に少しですが待ち時間を短くしてもらえることもあるようです。

例えば、私たちの乗ったウエスタンリバー鉄道は、確か通常より10〜15分程度短い待ち時間で案内してもらいました。

ただし!一番後ろの席のみでの案内でしたよ。

(それにしても、キャストの皆さん、ずらっと並んでるカード持った妊婦さん達相手に一人一人アトラクション搭乗について説明していて大変そうだったなあ。嫌な顔1つ見せてなかったけど。)

もう一つの「バズ」の方は待ち時間の短縮はありませんでした。

1時間半くらい待ちましたが、その間ゆっくりお茶できて、本当に助かりましたよ。

同伴者は何人までOK?

アトラクションではカード1枚につき4名(本人+同伴者3名)、

キャラクターグリーティング施設ではカード1枚につき10名(本人+同伴者9名まで)の案内となるようです。

グループの人数が以上の人数より多い場合は、同伴者が列に並び、乗り場で合流することになるようです。

終わりに

特別感、お得感いっぱいのこのカード、妊娠中に使わない手はありませんよね☆

受け取りには母子手帳など何も必要とされていないようで、妊婦でない方が使ったりしていることもありそうな気もしますが・・、そういう方は結局いい気分では遊べませんよね。

皆さんグッドなマナーでパークを楽しみましょうね♡

以上、ゲストアシスタントカードのご紹介でした〜。
 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク







-テーマパーク
-, , , ,

Copyright© ちょっと食べて帰りたい。with kids! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.