ちょっと食べて帰りたい。with kids!

♡子どもと一緒にちょっと食べてちょっと遊べるスポット紹介♡




習い事・教育

【人気通信教育3教材を比較】こどもちゃれんじ・進研ゼミの飛び級での始め方

更新日:

子どもの習い事・・どうされていますか?

うちは、あれもこれもと習わせているうちにどんどん習い事が増えてしまい、一年生で週4日習い事に通わせています。

 

通いの習い事についてはまたの機会にお話ししたいと思いますが、

今回は、中でも通信教育のお勉強について実際に体験してみた感想と教材の比較、そして今うちの子が何を受講しているかについて書いていきたいと思います。

勉強系については、まだ幼稚園〜小学生低学年のうちは塾に通わせたくないというのが私たち夫婦の方針でした。

そうは言っても、周りは幼稚園受験・小学校受験をして勉強の土台ができていたり(やっぱり東京はすごいです;)、幼稚園の頃から公文に行かせていたりして、プレッシャーがなかなか強烈です。

そんな中、我が家は通信教育で勉強対策を始めることにしました。

 

・通信教育っていっても、色々あるしどれを選んだらいいの?

・子どもはどの教材ならやる気が出るのか?

・勉強は嫌いじゃないと思っている子どもにオススメな教材の取り方は?

 

そんな風に悩んでいる方の助けになればと今回記事をまとめました。

我が家がどんな風に教材を選び、今どんな感じで取り組んでいるのか、ご参考になれば幸いです。




なんで我が家ではお受験をしなかったか?

あまりにもお友達が皆お受験に流れるので、私も興味本位でお受験対策教室の短期講座に子どもを通わせたことがあります。

しかしながら・・その内容と環境を体験して、これは行かせる必要が無いなと感じたのでした。

 

その理由は、

 

①まだ国語算数など教科の勉強をしていない前提なので、苦し紛れとも言えるくらい数字を使わないで答えさせようとする問題の出し方

地頭の良さを見ていると言いたいのでしょうが・・こういう問題しか試験のやり方って無いものでしょうか?

点図形に回転図形、お話の記憶etc、、幼稚園の時にできなくても、後々みんな出来るようになることです。やらせて役に立ったことと言ったら、勉強の習慣がついたかな程度のものです。

 

幼児相手に怒る年配の先生たち

これから勉強を始めようとしている子たちに、出来なければ厳しく怒るだけの教え方では、楽しく勉強する習慣がつくわけがない

などなど、通わせていて疑問に思うことばかりだったから。

そういった教室ばかりでは無いとは思いますが、自然に親子楽しく勉強してお受験を乗り切ることは至難の技だと思います。

 

③子どもが小さいうちに・・は本当?

よく、子どもが小さくて言う事を聞くうちに受験した方が楽、なんて事を聞きますが、勉強内容が合わない子や怒られてばかりの環境に馴染めない子には、ある意味中学受験や高校受験以上に負担なのではと感じました。

 

 

短期間でしたが、お受験の世界を垣間見られて勉強になりました。

そんなわけで、うちはお受験はせずに普通に小学校のお勉強をさせようと思いました。

 

塾という選択肢はなかったのか

冒頭でもお話ししたように、小学校低学年から塾には行かせたく無い、と私は考えていました。

そんな中、夫が、小学校一年生から塾に入れないと満員になって入れないらしいとの噂を聞きつけてきました。(中学受験の塾です)

そんなバカな。この少子化のご時世に。

と思いましたが、渋々夫の勧める塾の説明会に、子どもの入学前に出席。

その時に、一年生で入塾する事について質問してみたところ、

一年生のうちは勉強する習慣をつけるという意味で通うのは良いが、無理はしなくても良い。入塾が難しくなるのは四年生の春から。というのがその塾の見解でした。

 

それにしても、そこで昨今の中学受験事情をお聞きしてビックリでした。

志望校によっては、六年生の時にもう大学受験レベルの勉強をしておかないと間に合わないそうです。

そういうわけだから、勉強を親が教えようとしなくていい、勉強の習慣のみつけておいてもらって、塾で勉強をし、親は教材のファイリングを徹底して貰えばいいとおっしゃっていました。

 

うちは、私も夫も中学受験経験者で、中学受験は合格してもしなくても、勉強になるからやってみたほうがいいと考えています。

でも今から塾には行かなくていい。けれどゆくゆくは、大学受験レベルの問題まで解く必要があるかもしれない——。

では、一年生の今やっておくべき勉強とはどういうものでしょうか?

 

スマイルゼミを体験

少し先取りをしながら学習を進めて行きたい、と私は考えていました。

タブレット学習で有名なスマイルゼミ。

デパートでの体験に行ってみました。

以前、進研ゼミのチャレンジタッチを触ったことがあったので、それと比較すると・・

・チャレンジタッチよりスマイルゼミの方がサクサク動く

・チャレンジタッチは漫画多め。スマイルゼミの方が真面目で、

お勉強してる風の画面。

 

「先取り学習ができるのか」を担当のお兄さんに聞いてみたところ、

スマイルゼミはひと月に1つづつ教材が配信されるシステムになっているとのことで、配信を早めることはできないとの回答でした・・。

子どもたちは大喜びで操作していましたけど、私は、やりたければどんどん先に進んでいけるシステムなのかと思っていたので、そうではないということで、この日は保留にして帰りました。

(多分、申し込みの時点で飛び級に設定しておけば、一学年上の学習ができるようになると思います。詳しくはお問い合わせください。)

 

また、正直、紙媒体での学習では無いというのも、どうなのかな〜と思いました。学校では、もちろん紙での学習がメインになってくるわけですからね。
スマイルゼミは、紙に近い書き心地を目指されているとのことでした。

もちろん、タブレットのいいところもたくさんありますよね。

・とにかく子どもが喜んで触りたがる、勉強に苦手意識のある子でもやる気が出やすい
・紙の上では説明しにくい実験や英語の発音などが手に取るようにわかる。

配信システムが色々と選べるようになったら、また検討したい教材の1つです。



 

Z会は?

実は私も高校の時取っていたことのあるZ会。

小学講座はどんなものかとお試し版を取り寄せてみると、やはりしっかりした教材が送られてきました。

落ち着いて勉強できる子、親がしっかりと隣で一緒に勉強をみてあげられる環境がある家庭に向いた教材だと思います。

ドリルは問題の質もよく、子どもも喜んで取り組むのですが、

親にとっては少しハードルが上がるのは「けいけん」というテキストのほう。

幼児版の「ぺあぜっと」も同様なのですが、保護者がちゃんと付き合って理解や社会の土台となる「経験」をさせるというのが趣旨の教材で、提出課題もあり。

子どもは大喜びで一緒にやろうと誘ってきますので、あとは親にとってそれが負担なくやれる範囲であるかが問われますが、、

でも、ちゃんとやればとてもいい経験になるものばかり載っていると思いました。子どもと気長に向き合って、本物の知識を身につけさせたい方にはぴったりなのではないしょうか。

追記:

進研ゼミは一年生までにして、二年生からz会に入ったというママからお話を聞きました。

進研ゼミの普通の教材と思考力強化教材の2つを取っていたそうですが、普通教材は簡単すぎ、思考力教材は難しすぎて進まなかったそうです。

それで、簡単な問題から少しレベルの高い問題まで織り交ぜて出題されるz会に変更したとおっしゃっていました。

1つの教材の中でバランスよく勉強できるというのは大きなメリットだと思います。

 

我が家の選択、進研ゼミ

最終的に私が選んだのは、進研ゼミ小学講座でした。

といっても、やり方に少々工夫をしました。

私も小学生の時取っていた、チャレンジ。

進研ゼミは、勉強を始めたばかりの子どもにはぴったりの、楽しい仕掛けが満載の教材です。

例えばこれ。

一回教材を終わるごとにカードをめくり、隠し絵が見えてくるというもの。

こんな仕掛けがいっぱいなんです。

 

赤ペン問題という添削問題を出したら、消しゴムがもらえるとか・・

 

毎月くるおもちゃのような教材も、

「ど〜〜してもやる気が出ない!」という子にも

絶対に勉強したくなってほしい!!という編集部の涙ぐましい努力が込められているなあと毎回感心します。

 

うちの子たちもこんなチャレンジが大好きで。毎回送られてくるのを本当に楽しみにしています。

 

といっても、うちの子どもたちは勉強がどちらかというと苦では無い、好きと言ってもいいタイプの子たちです。

私も小さい頃、そういうタイプで、チャレンジは少し簡単に思え、つまらないな〜と感じるところもありました。

そこで、私は考えました。

 

チャレンジを一学年飛び級して始められないかと。

 

恐る恐る進研ゼミに電話してみると、そういうことも可能だそうで。

(インターネットでの申し込みだと、飛び級を申し込めない可能性がありますのでご注意を。理由は申し込み者の意思確認が出来ないからだそうです。)

そして、私の周りでもそうやっている方、結構お見かけします。

4月生まれの子なんかは、どうしても今の学年の勉強だと物足りなく感じることもあるようです。

公文に行っている子が周りにとても多いのですが、公文でも一学年、二学年先の先取り学習ができますし、実際それ以上先取りで進めている子も多いと聞きます。

教室に通わなくても家で先取り学習が手軽に出来たら嬉しいですよね。

 

そんなわけで、我が家は今、

年中の子=年長の教材

一年生=二年生の教材

を取っています。

 

今のところ問題なく、楽しく進めていますよ。

 

先取り学習のデメリットとは

先取り学習のデメリットとしては、以下の2点が挙げられると思います。

 

・学校で先生から教わる時に新鮮味が無くなる

・一年前やったことだとどうしても忘れがちになる

 

 

我が家では、学校の授業をより深く理解したり、自信を持って発言できるようにするため、先取り学習をしているんだよ、とよく言い聞かせています。

 

今時、公文に行っているお子さんは一年生でも3・4年生の先取りを終わらせている子は珍しく無いです。

学校でも一年生の教室で当たり前のように九九の話題が出るようです。

周りがそういう雰囲気だと、こちらも何かしら対策してないと子どもも焦りを感じて来ますから、やっておいてよかったと思います。

 

進研ゼミはドリルのような存在で、解き方を覚えて進めていくというやり方なので、学校の授業は授業で、新鮮に聞いているみたいです。

解き方がわかっても、前に出て人に説明するまで深く理解はしていないので、学校の授業で補完できてちょうどいいかんじになっているようです。

 

それから、たしかに一年前のチャレンジの内容は全部は覚えていません。

なので、時々一年生のチャレンジを取り出して、親子でサッと復習をしています。

基本的には二年生のものができていれば、一年生のものができないってことはないんですが、

授業で例えば引き算や足し算の文章題の解き方を説明するとき、うまく言葉が出てこなかったりするんです。

理解を深めるために復習は大事ですね。

 

我が家ではそんな風にチャレンジを活用してますが、ご参考になれば。

 

まずは無料体験版、請求してみるといいですよ。

念のため、一学年上の資料も請求してみてください。

進研ゼミと相性が合えば、無理なく先取り学習が出来るかもしれません。

何より、子どもが楽しく進んで学習に取り組んでくれるようになれば一番いいですよね。

一年生は勉強が始まったばかりに大事な時期ですから、勉強=楽しい♬になれば、後は楽な面もると思います。

 

進研ゼミ小学講座資料請求はこちらから

【進研ゼミ小学講座】

こどもちゃれんじ資料請求はこちらから

【こどもちゃれんじ】

チャレンジタッチは動作が遅く感じる方もいるかもしれません。(うちはそうでした)

私は紙媒体での勉強をオススメします。

 

まとめ:勉強が好きな子はチャレンジで飛び級もアリ。

今の時代は学習教材も色々な選択肢があり、迷ってしまいますよね。

今のところ、我が家の飛び級チャレンジ学習には満足していますが、他にも試しながら最適な学習方法を模索していきたいと思っています。

また実際の勉強している様子や進研ゼミの英語やプログラミングについてなどレポートしますね。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 




 

スポンサーリンク




スポンサーリンク







-習い事・教育
-, , , ,

Copyright© ちょっと食べて帰りたい。with kids! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.