ちょっと食べて帰りたい。with kids!

♡子どもと一緒にちょっと食べてちょっと遊べるスポット紹介♡




子育てあれこれ

【バレンタインにもおすすめ】寒い日は親子で作ろう!子どもが絶対喜ぶカンタンお菓子作り♡

更新日:

 

子どもが小学生になってから、ご近所のお友達が一人でうちまで遊びに来ることが急に増えました。

うちの子どもたちはあまり物欲のない方で、うちに目新しいおもちゃは残念ながらあまりありません。

遊んでいる様子を見ていると、おままごとやお人形遊びの後、結局はiPadのゲームや動画を観ていることが多くて・・

 

ううむ。

それではせっかくうちに来てもらったのに一緒に遊んでいるとは言えない!

と思い、一念発起。

 

おもてなしの意も込めて、みんなでお菓子作りをしてみました。

するとこれがとても好評で、またやりたいと言ってくれる子も多く、楽しかった思い出として覚えていてくれることも多いんです。

 

寒かったり暑かったりしてお外に出たくない時にもぴったり。

 

めんどくさがりの私でもできる、超カンタン♪でも親子で大満足のおかしの作り方、ご紹介します!

スポンサーリンク



簡単本格白玉

用意するもの

・白玉粉

・あれば、食紅(あると楽しい)、豆乳(混ぜると美味しい)

・あんこなどのトッピング

 

作り方

①水を少しずつ入れながら、白玉粉を耳たぶくらいの固さになるまで練る。

混ぜるのではなく、力を込めて、ある程度時間をかけて練るのです。

なので、練る作業は大人がやった方が美味しい白玉になると思います。

上の白玉↑はヨモギ入りで作りました。

 

写真の粒あんは井村屋の缶入り粒あん(おいしい)ですが、うちの子どもはこしあん派なのでこちらを。

あと、食紅なんかを加えるとカラフルな白玉になって、子どもも喜びます。食紅は楊枝の先にちょっとだけですごく色が付きますので、量にご注意を。

添加物なしの天然色素にこだわる方は多少値は張りますがこちらをオススメします。

 

②「食べられる粘土だよ〜。好きな形にしてね」と子どもたちに形作りを任せます。

例えば、ハート・ネコ・ウサギ・ドーナツ・へび・星・顔の形など。

あんまり分厚かったり大きいものは茹で時間を増やした方がいいと思います。

 

③5分位しっかり茹でて、浮いてきたら氷で冷やして盛り付け。

味付けは、あんこじゃなくても、

お醤油とお砂糖を煮詰めて(電子レンジでやろうとしたら失敗したので、ちゃんとお鍋でやった方がいいと思います)みたらし団子風、

シンプルにお砂糖をかけるだけでも美味しいですよ。

 

お餅で大福

私は中学校の調理実習でやったのですが、他にもご経験がある方いらっしゃるかな。

 

用意するもの

・切り餅

・水

・あんこ等の具

 

作り方

①お皿に片栗粉を敷き、上に少しだけ濡らしたお餅をセット。レンジで30秒くらい温める。

②お餅が伸びてくるので、片栗粉をつけながら丸い形に伸ばして行く。

③あんこを包んで終了。

お好みで好きなフルーツを入れたらフルーツ大福。クリームを入れればクリーム大福になります。

 

お餅を伸ばすところ、包むところは小さい子では熱いし難しいと思います。

なので、大人が主に作る形で進め、少しだけ子どもに手伝わせてあげてください。

 

 

アイシングクッキー

男女共にお友達に大人気なのがこのアイシングクッキーです。

大喜びで作って、信じられないくらいの量を食べてみんな満足そうに帰っていきます。

いつもお世話になっているお友達が遊びに来た時は、うちではいつもクッキー生地を用意して待っているんですよ。

用意するもの

・薄力粉  200グラム(私は全粒粉を加えるのが好き)

・砂糖     70グラム

・バター 100グラム

・卵1個

・あればバニラエッセンス

以上のセットを二つ用意します。そして、二つ目には

・純正ココア

を少し加えます。(薄力粉を少しだけ減らしても良い)

そうすると、プレーン生地が一塊り、ココア生地が一塊りできます。

 

クッキーができた後のデコレーション素材で用意するもの

・粉糖

・卵白(なくても良い)

・あれば食紅

・アラザン、シュガーパール・チョコスプレー・デコシュガー(100均で売っている)

 

作り方

①アイシングクッキー用のレシピを調べ、材料を全部混ぜてこねたら生地完成

前日には生地を作って冷蔵庫で寝かせておく。

 

 

②大きめのまな板(100均のまな板シートで良い)に生地を伸ばし、子どもに型抜きしてもらう。

生地がくっついたりして、型抜きしたクッキー生地を取り外す作業は難しいので、大人が担当する。

 

型抜きしなくても、粘土のように形を作って焼いても良い。(バターが溶けないうちに終了させることが大事)

型抜きした生地をアルミ箔かクックペーパーの上に乗せ、トースターに入れる。

③オーブントースターで焦げ目がつかないように調整しながら10分くらい焼いたらクッキーは完成。

 

④飾りつけの作業が子供達は一番楽しいらしい。

まずはアイシング作り。これも適当にレシピを探し、

 

卵なしバージョンのアイシングの作り方はこちら。

 

アイシングに食紅を混ぜるとまた楽しい♪のですが、なくても、デコシュガーがあるので全然OK。

アイシングでうまく絵がかけなくても、その上に可愛いシュガーをかけるだけですごく本格的に大変身。

クリスマスや誕生日にも喜ばれると思いますよ。

 

クッキーは、焼かなくてもOK!!

買って来ても大丈夫です。

さらに言えばクッキーじゃなくてもOK!!

マフィンにクリーム絞って、シュガーでデコを楽しむのも楽しいです。

 

ホットケーキミックスでカップケーキ

ホットケーキミックスを使って、レンジでチンの蒸しケーキ。

個人的にはホットケーキよりも好きな食べ方です。

だって、焦げる心配も無いですし、油もカットできますから。

インスタにもステキなレシピが載ってましたね☆

用意するものは、

・ホットケーキミックス

・卵

のみ。

というか、

卵は混ぜなくていいホットケーキミックスであれば、卵も必要ありません。

以前ハワイで購入したコレは、水を入れるだけで生地完成。

ハレクラニのホットケーキミックス。美味しいです。

トッピングは、このインスタのようにお野菜をいれたり、またはチョコを砕いて入れたり、バナナなど果物を入れてみたり。

カップは、紙カップなどがなければ、普通のコップで大丈夫です。

多少こびりつきますけどね。

 

子どもには、生地を混ぜ混ぜする際に手伝ってもらいましょう。

喜んで手伝ってくれますよ♪

 

以上、親子&お友達でカンタンお菓子作りのご紹介でしたー!

これからの時期に是非挑戦してみてくださいね。

 

スポンサーリンク



 

スポンサーリンク




スポンサーリンク







-子育てあれこれ

Copyright© ちょっと食べて帰りたい。with kids! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.